Loading...
モー娘。を愛した漢のドキュメンタリー
ストリートブランドの「女の子」
previous arrow
next arrow
Slider
Music

日系ラッパーTowkioがChiraq(シャイラク)から発信するHIPHOP

Share this


Towkio – Swim

日本人の父とメキシコ人の母の間に生まれた、日系ラッパー、Towkio(トーキョー)。彼はChance The Rapper率いるSave Money Crewの一員で今後の活動が要注目なアーティストのひとりだ。2018年開催のSUMMER SONIC 2018にてChanceが来日することから、もしかしたら一緒に日本に来て、どこかでLIVEをしてくれるのではないだろうか…と期待をしている。

TowkioはHIPHOPをたのしむ要素を再認識させてくれる


Towkio feat. Chance the Rapper – “Clean Up”

彼の持ち味はハードなトラックだけではなく、ダンサブルな曲にも絶妙にマッチする。Chance The Rapperとコラボしたこの曲はもしかしたらどこかで耳にしたことがあるかもしれない。

曲はもちろん最高だが、何より注目してほしいのは、このポジティブなバイブスのPV内容だ。Towkioがクルーから愛されていて、みんなが互いにリスペクトしあっていることが映し出されている。

ほかにも、その場に居合わせただけのような人たちが、さも自分が主役かのように踊ったり、ジェスチャーでノレる音楽であることを表現していしたりする。HIPHOPという音楽がつくづく地域のコミュニティーに根ざして、楽曲やPVに色濃く反映される文化だということが再認識できるのではないだろうか。このPVで皆が踊っているステップだって、シカゴ発信の、極論だが独自の文化だ。そういった地元愛を自身のラップにのせて全面的に押し出し、発信してるところが、HIPHOPのPVを楽しむ視点のひとつの要素でもあると思う。

Towkioが暮らしているのは、犯罪率No.1の街 Chicago(Chi-Town:シャイタウン)。この街はChiraq(シャイラク)とも呼ばれており、その理由はイラクよりも1日の死者数が多いことが由来となっている。そんなネガティブが渦巻く街で育った中、ポジティブなメッセージを吐き出すSave Money Crewの存在は、Chief Kiefを中心に広まった Drill Musicという殺人をテーマにしたラップの対極と言っても過言ではないし、非常に小気味のいいクルーたちだ。

新曲「2 Da Moon」


Towkio – 2 Da Moon

2018年2月にリリースされた新曲「2 Da Moon」。一聴してミニマルなビートに畳みかけるフローがハードな印象だが、Teddy Jacksonのソフト&ウェットな歌声が入ってきて、サビではGrace Weberの抜けの良いコーラスとの相性が最高にイカしたトラックだ。なによりTowkioはイケメンであるところが素晴らしいと思う。

2 Da Moonが収録されたアルバム「WWW.」はこちらから

Navigator
パーフェクトソルジャー村田

1984年生まれ。HIPHOPを中心に様々な音楽を蓄積。近年、自らのアンダーグラウンド嗜好から脱却し、多種多様に広がっていく音楽の方向を、下だけを向かずに偵察中。温故知新という言葉を座右の銘とし、新旧問わずグッドなサウンドを探究していきます。

メジャーではないけど楽しくてかっこよくておもしろいステキなものはたくさんある。そういうイケてるものや人が集まる場所がストリートだ。いちど気がついたら忘れられないものがきっと見つかる。イケてるヤツらが集まる裏路地Backstreet

Share this